活動報告(実績)

活動報告 2007.03.02

2007.03.02 : 平成19年環境・建設委員会 本文

◯小磯委員長
  本日は、お手元配布の会議日程のとおり、予算の調査及び付託議案の審査並びに請願陳情及び特定事件の閉会中の継続審査及び調査の申し出の決定を行います。
 これより予算の調査を行います。
 第一号議案、平成十九年度東京都一般会計予算中、歳出、繰越明許費、債務負担行為、環境・建設委員会所管分を議題といたします。
 本案については既に質疑を終了しております。
 これより意見の開陳を行います。
 順次発言を願います。

◯高橋(信)委員
  初めに、各局共通事項について申し上げます。
 我が国経済は、企業部門の好調さが持続し、家計への波及になお不透明さを残すものの、戦後最長となる景気拡大が緩やかながらも続いております。平成十九年度東京都予算案は、こうした景気好転に伴う法人二税の伸びなどを反映し、都税収入も過去最高となる五兆三千三十億円を見込むなど、一般会計の規模は六兆六千二十億円と、九年ぶりに六兆円台後半となっています。また、隠れ借金の解消に目途をつけ、負の遺産の抜本的な対応に果敢に取り組むとともに、基金残高も九千億円を超える水準まで回復するなど、長年の懸案であった財政再建をついに達成した内容となっています。
 また、我が党の要望にもきめ細かくこたえ、都市インフラの拡充、安全・安心の確保、少子高齢対策、中小企業支援など、ハード、ソフト両面において喫緊の課題への対策を適切に講じています。
 その結果、投資的経費の単独事業は二年連続で一〇%を超える高い伸びを示すとともに、福祉と保健などの目的別で見ても、すべての分野で予算の増額を図った内容となっています。さらには、二〇一六年のオリンピック招致、そして「十年後の東京」で描いた将来像の実現に向けて、福祉、環境、スポーツ・文化の三分野において新たに基金を創設し、施策の安定的かつ集中的な推進を担保しています。近年の税収増をむだなく有効に活用するため、都の前向きな姿勢を明らかにした画期的な取り組みであり、高く評価いたします。  しかしながら、決して楽観は許されません。いつまでも好景気が持続することは期待できない上、都財政の回復を背景とした東京富裕論を根拠として、東京から財源を奪う動きは一層強まる様相すら見せています。
 都民の皆様のご理解とご協力があればこそ、都財政はここまで立ち直ることができました。我々都議会自民党は、財政再建の達成により獲得した貴重な財源は、多様な施策展開を図ることにより、しっかりと都民一人一人に還元していくことが必要だと考えます。そのためにも、財政基盤の強化に引き続き邁進しながら、都民福祉の向上に努めていくべきであることを改めて指摘しておきます。
 なお、予算の執行に際しては、各局とも効率的な事業運営に全力で取り組み、最大限の効果を発揮するよう、強く要望いたします。
 次に、各局関係に移ります。
 まず、環境局関係について申し上げます。
 一、世界で最も環境負荷の少ない先進的な環境都市の実現に向けて、地球温暖化対策推進基金を活用し、CO2の大幅な削減や緑豊かな都市づくりなどの諸施策を、大胆かつ集中的に取り組まれたい。
 二、省エネ仕様の施設整備や大会運営の環境配慮指針となる環境ガイドラインの策定など、環境を最優先した東京オリンピックの実現に向けた取り組みを推進されたい。
 三、東京の貴重な緑の保全と再生、創出を図るため、区市町村と連携し、緑地の保全を進めるとともに、多摩の森林再生事業、ヒートアイランド抑制効果や子どもの情操教育にも資する小中学校の校庭芝生化を着実に進められたい。
 四、自動車公害対策については、排ガス性能にすぐれた新長期規制適合車のさらなる普及促進を図るとともに、厳しい経営環境にある中小零細事業者に対する経済的支援を着実に執行されたい。
 五、土壌汚染対策の促進、地域におけるリスクコミュニケーションの推進、揮発性有機化合物対策の推進など、有害化学物質対策に取り組まれたい。  六、産業廃棄物の適正処理について、すぐれた取り組みを行う産業廃棄物処理業者が第三者に評価され、優良事業者が市場で発展できる仕組みを構築されたい。また、リサイクルできるものは可能な限りリサイクルする仕組みに取り組むなど、広域的な立場から区市町村と連携し、循環型社会を実現されたい。
 次に、建設局関係について申し上げます。
 一、将来への長期ビジョンである「十年後の東京」が示す首都東京の都市像を実現していくため、慢性的な交通渋滞の大幅な緩和、都市型水害の解消、緑やオープンスペースの拡大など、快適で災害に強い都市東京を目指し、戦略的に事業の展開を図られたい。
 二、道路、河川、公園など都市基盤の整備は、二〇一六年のオリンピック招致を実現するためにも積極的に整備を推進する必要があり、国に対し、公共事業費の確保と財源の配分拡大について強く要望されたい。
 三、三環状道路の一つである首都高速道路中央環状線については、一日も早い全線完成を目指し、残る新宿線及び品川線の整備を積極的に推進されたい。
 四、都市の骨格を形成する幹線道路、地域幹線道路及び山間、島しょ地域の振興を図る道路の整備をそれぞれ推進するとともに、多摩川中流部橋梁等についても整備を推進されたい。
 五、地域分断の解消や交通渋滞の緩和などを図る上で効果の高いJR中央線や京浜急行線など鉄道の連続立体交差事業を積極的に推進されたい。また、事業の実施に当たっては、地元区市と連携して、駅周辺のまちづくりと一体的、総合的に進められたい。
 六、集中豪雨による浸水被害の解消を図るため、中小河川の整備を推進することはもとより、区市町村と連携したソフト対策も含めた総合的な治水対策を推進し、今後十年間で過去の溢水被害の九割の解消を図られたい。
 七、東部低地帯の河川については、スーパー堤防の整備、防潮堤、水門など河川施設の耐震強化を図るとともに、自然環境や景観に配慮した水辺空間の整備を推進されたい。
 八、良好な都市景観を創出し、都市防災機能の強化に寄与する電線類地中化事業の一層の整備促進を図るとともに、安全で快適な歩行空間の確保を図る歩道の整備を推進されたい。
 九、「十年後の東京」に掲げた水と緑の回廊で包まれた美しいまち東京を実現するために、今後十年間で新たに二百ヘクタールの都立公園を開園するとともに、公園や水辺など緑の拠点を街路樹で結び、緑のネットワークの形成を図られたい。
 十、多摩地域のまちづくりを支援するため、みちづくり・まちづくりパートナー事業や市町村土木補助事業の促進を図られたい。
 以上をもちまして私の意見の開陳を終わります。